ダイエットをするために|ダイエットに効果的!エステ体験で美しく痩せる!

ダイエットをするために

メジャー

甘いものを食べすぎるとダイエットは難しいとわかっていても、甘いものが大好きでやめられない......ということはありませんか?
無理に我慢をしているとストレスになり、ストレスがたまってドカ食いをしてしまうことも......。
では、どうやって甘いものを控えたらいいのでしょうか。
そして、そもそも、どうしてダイエットをするには甘いものを控えた方がよいのでしょうか。
甘いものは糖質を多く含んでいます。糖質を摂取すると血糖値が高くなり、血糖値を下げるホルモンのインスリンが分泌されます。甘いものを大量に食べるとインスリンは大量に分泌されます。インスリンによって取り込まれた糖分がエネルギーとして使われないと脂肪として蓄えられます。つまり、血糖値が高くなるほどインスリンの分泌量が増えて、脂肪がたまりやすくなるのです。
ケーキ、クッキー、アイスクリーム、大福などは糖質が多く、食べ過ぎていればダイエット成功は難しいですが、お菓子を控えることは難しいですよね。甘いものが食べたいのは、タンパク質が不足している可能性があります。
甘いものを食べたいときというのは、イライラしていませんか。精神の安定にかかわっているホルモンがセロトニンです。セロトニンは甘いものを食べると分泌が促されます。
セロトニンはアミノ酸の一種のトリプトファンから作られるのですが、タンパク質が不足しているとセロトニンの原料が減ってしまいます。原料をしっかり摂らなければセロトニンは作られないので、甘いものを食べるのではなく、セロトニンの原料になるタンパク質を摂りましょう。豆腐や納豆など大豆製品は低カロリーなので、ダイエット中でもカロリーを気にせずに食べられると思います。